製薬会社について

外資系製薬会社のメリット

スポンサーリンク

今回は、外資系製薬会社のメリット、について。
外資系製薬会社で働くのメリットはどのようなものが
あるのでしょうか。
外資系製薬に共通するメリットとして多いのは、
①インセンティブが多い傾向がある。 (あくまで傾向です。)
②成果主義が多い。(その結果)若くても、スピード昇給や昇進があり得る。
③有給が取得しやすい(場合が多い)。
④ワークライフバランスが普及している。(傾向がある。)
⑤女性社員の雇用や昇進に積極的である。
ざっと、こんなところでしょうか。
①の「インセンティブが多い(傾向)」は、
外資系製薬に共通している事項であると言えます。
特に外資系製薬メーカーでは、年3回もしくは4回
ボーナスやインセンティブが支給されることが多く、
その結果、インセンティブやボーナスが多くなる傾向があります。
内資系では通常、年2回のボーナス支給がほとんどですからね。
次に②の「成果主義が多い」ですが、
外資系製薬会社のほとんどが成果主義を取り入れています。
もちらん程度の差はありますが。
その結果、若くても、実績次第で、
多くの年収を得ることも場合によっては、できます。
これは外資系製薬のメリットかもしれないですね。
内資系製薬会社の中には、未だ年功序列の傾向が強い傾向が
ある製薬会社も結構あります。
そして、③の「有給休暇が取得しやすい」ですが、
外資系は有給休暇が取得しやすい傾向はあります。
内資系製薬会社の中には、古い日本の体質を未だ
備えている製薬会社もあり、有給が取得しくにい
会社も依然としてありますからね。
ただし、外資系製薬であっても、有給取得に関して
上司次第な傾向は、結構あります。
その点はご注意頂きたいです。
④の「ワークライフバランス」ですが、
これも外資系製薬の方が内資系製薬と比べても
普及している傾向があります。
その結果、⑤にもつながりますが、
女性の雇用や昇進に積極的な取り組みをされているケースが多いです。
女性社員に取ってフレキシブルな働き方ができるかどうかは
重要ですからね。家庭があったり、お子さんがいらっしゃる場合も
多いですからね。
ということで、
外資系製薬会社には、ざっとですが、
上記のようなメリットがあります。
結論です。
「外資系製薬会社はボーナス額が多い傾向があり、
成果主義が普及しているため、実績次第で、多くの年収を得ることも可能である。
また、ワークライフバランスも普及している傾向が強く、
労働環境も整っているケースも多い。」
まあ、もちらんデメリットもあるんですけどね・・・・。
その話はまた次回させて頂きます。
 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 製薬会社について

    製薬会社は体育会系?

    今回は、製薬会社が体育会系か、について。質問:「製薬会社(の社風)は…

  2. 製薬会社について

    ファイザー社について

    今回は、ファイザー社について。私がファイザー社について知っていること…

  3. 製薬会社について

    ギリアド社の新薬、B型肝炎治療について

    前回に引き続き、ギリアド社の新薬である、…

  4. 製薬会社について

    優秀なMRが多い製薬会社について  その2

    前回の記事にて、コメント(ご質問)頂きましたので、その回答をさせて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP