MRの仕事

(MRの)面会の中身の一部を紹介します。

スポンサーリンク

今回は、私のドクターとの面会の一部について記載させて頂きます。

とある日、私は、朝から病院に入っていました。

医局にて、お会いしたいドクターを待ち、

10時頃ドクターと面会できました。

本日の面会目的は、「今年度開催予定の講演会の打ち合わせ」、です。

この先生には、講演会のトータルコーディネートをお願いしており、

開催日時から、演者の先生、会場まで、相談させて頂いております。

先生のご都合としては、開催曜日は平日希望、できれば木曜日開催希望とのことでした。

実際、講演会は木曜日に開催することが多いです。

なぜだと思いますか?それには理由があります。

木曜日は、開業医の先生が診察をお休みされることが多いからです。

したがって、開業医の先生にとって、診察が休診の木曜日は、

比較的、余裕があり、講演会等に参加しやすいからです。

スポンサーリンク

病院の勤務医の先生方にとって、曜日はあまり関係ありませんね。

先生方にとって、まちまちです。

打ち合わせ終了後、実施したことは、【新規症例把握】です。

新規症例把握とは何でしょうか。

新規とは、患者さんに新規で薬剤を使用して頂くことです。

症例とは、薬剤使用予定患者様のことです。

把握とは、どの程度つかんでいるかということです。

自社薬剤使用予定候補患者様を、競合他社より早く情報をつかみ、

自社製品にて、お役立て頂けないか、自社製品にて問題が解決できないか、

先生から情報を教えて頂き、ディスカッションします。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの仕事

    MRと講演会

    最近は、講演会の年間実施回数も以前と比べると、各段に少なくなりました。…

  2. MRの仕事

    MRとMR認定試験(資格)

    今回は、MR認定資格制度について意見を述べたいと思います。毎年、12…

  3. MRの仕事

    MRの仕事内容とは?

    ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、MRの仕事内容についてご紹…

  4. MRの仕事

    MRになるには?

    そもそもMRになるには、どうすれば良いのでしょうか。MRとは、製…

  5. MRの仕事

    MRの年始の行事

    新年明けましておめでとうございます。…

  6. MRの仕事

    薬剤師との面会について

    MRの主な顧客は医師です。したがって、MRは第一に医師と面会しますが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP