MRの仕事

MRの将来性

スポンサーリンク

今回は、MRの将来性、について。
現在、早期退職やリストラにより、各社、
MR数を大幅に削減していることは、
よくご存じだと思います。
ただし、MR数を増員している製薬会社もいくつか存在します。
あまり多くはないですけどね。
例えば、イーライリリー社、小野薬品社、ギリアド社等、です。
これらの製薬会社に共通しているのは、
かなり有望な新薬を、ここ最近発売していること
ですね。
ただ、製薬業界全体で見ますと、
明らかに、総MR数は減っています。
昨年度のMR認定試験の総受験者数が、
前年以下だったことも
話題になりましたね。
新たにMRになる人が前年より減っているのです。
最近は、特に、大手製薬会社のMR削減が顕著です。
例えば、ノバルティス社、サノフィ社、GSK社、エーザイ社、第一三共社等、
大手製薬会社が多いですね。MR削減しているのは。
総MR数で見ると、MR数は減っているのだから、
このままいくと、しばらく減少傾向が続くと言われています。
ただ、一部の企業では、新薬上市に伴いMR数を増員していますので、
新薬を定期的に発売できるメーカーはMRが増えていくでしょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

そうでない製薬会社は、MR数を減らさざるを得ません。
新薬が発売しないのに、MR数を増やすということは、
欠員募集等以外、ほとんどあり得ないことですね。
今、MRを募集している製薬会社も、
新薬が次から次と発売している(する予定の)
会社ばかりです。
特に、「単なる新薬」ではなく、
かなり「画期的な新薬」を発売している(発売する予定の)会社が
MRを最近よく募集していますね。
ここでは、かなり画期的な新薬とは、
「その治療法の第一選択薬になりえる新薬」と定義します。
そのような新薬を開発し発売できるメーカーは、
今後も売上が伸び、どんどんMR数を増員していくでしょう。
そうでないメーカーは早期退職やリストラにより、
MR数を削減し、生き残りが一層難しくなるでしょう。
結論です。
「MRの将来性は、所属製薬会社が、有望な新薬を発売できるか、
に掛かっている。有望な新薬を発売できなければ、リストラされる可能性もあり得る。」

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの仕事

    MRとして、おすすめできる領域は?

    今回は、MRとしておすすめできる「領域…

  2. MRの仕事

    MRのデメリットとは?

    今回はMRのデメリットについてご紹介させて頂きます。MRをする上で一番…

  3. MRの仕事

    MRの日常について

    こんにちは。私は、某製薬会社にてMRをしているヒロと申します。大学…

  4. MRの仕事

    外資系製薬会社はハードワークか?

    今回は、「外資系製薬会社がハードワークか」について、ご紹介します。&n…

  5. MRの仕事

    MRと講演会

    最近は、講演会の年間実施回数も以前と比べると、各段に少なくなりました。…

  6. MRの仕事

    薬剤師と面会する意義は?

    MRは、医薬情報担当者のことですから、当然、医薬品情報を薬剤師に提供す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP