MRの仕事

MRの労働時間

スポンサーリンク

今回は、MRの労働時間について。
MRの労働時間は、1日、どのくらいでしょうか。
一般的には、8:00~19:00頃の11時間ほどの勤務が多いです。
しかし、実際、ドクターや薬剤師等の顧客に面会している時間は、
1日の合計全部合わせて、1~2時間ほどです。
それ以外は、車での移動時間や、
医局や開業医でのドクターの出待ちです。
とうことは、MRの1日の大部分は、
非生産的な時間であると言えます。
ただし、時間は使いようです。
待ち時間や移動時間を有効利用することもできます。
例えば、待ち時間にプレゼンやロープレ、製品や疾患についての
勉強をして、知識や製品、スキルのブラッシュアップをする。
他には、待ち時間に、内勤作業をする。(日報や提出書類等)
または、車での移動時間に、数字達成のための戦略を練るとか。
スキマ時間をいろいろを活用することもできます。
車での移動時間に、TOIECのCDをかけ続け、
TOIECの点数が大幅にアップした、というMRもいますね。




ということで、朝は卸訪問をする場合は、
8:00には卸に訪問することが多いので、
家を7:00に出ることが多かったりします。
卸さんの朝礼は大体8:00からですからね。
朝、卸に行かず、会社に行く場合は、
9:00までに会社に行く場合が多いですね。
夜は人にもよりますが、
19:00や20:00頃まで病院や開業を訪問している
ことが多いです。
早いMRさんは18:00には切り上げて、
帰宅する方もいます。
まあ、要するに、
数字を達成できれば、何時に終了してもいいんですよね。
また、極端な話、朝も何時からでもいいんですよね。
数字を達成さえすれば・・・。
かつて、出会った大手製薬メーカーのMRさんで、
1日にいつも2軒しか訪問しないというMRさんがいました。
そのMRさんの売上はどうだったと思いますか?
それが凄まじく売上が良かったのです。
なぜなら、そのMRさんは、選択と集中ができており、
とてつもなくポテンシャルが高い施設(=自社製品を沢山使用してもらえる可能性あり)
しか訪問せず、その施設に全エネルギーを注ぎ活動し、
その結果、莫大な利益(処方)を獲得していたからです。
そのMRさんは、社内でも何度も表彰されているとお聞きしました。
選択と集中の見事な例ですね。
このMRさんのように、できるだけ
最小限の努力(といってもかなり努力や工夫されたと聞いています)で
最大限の効果が発揮できるよう、
MRとして、普段から心がけたいです。
この仕事は時間の制限がないので、
働こうと思えばいくらでも働けます。
したがって、いかに最小限の時間で、
最大限の効果が得られるか、意識しながら
活動することが重要です。
でなければ、仕事に縛られた人生になってしまいますよ。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの仕事

    他社MRとの付き合い方

    今回は、他社MRとの付き合い方について。4月に入り、新入社員として、…

  2. MRの仕事

    外資系製薬MRは結果(数字)さえ残せばいいのか?

    今回は、外資系製薬MRは結果(数字)さえ残せばいいのか、について紹介し…

  3. MRの仕事

    MRと9月

    さて、今月の9月は、MRにとって、どんな…

  4. MRの仕事

    MRと学会

    今回は、MRと学会、について。先月の5月には、京都で第59回糖尿病…

  5. MRの仕事

    MRの日常 【パターン2】

    MRの日常 【パターン2】8:00~9:00&nbsp…

  6. MRの仕事

    MRと代理店(卸)訪問

    今回は、MRと代理店(卸)訪問について。MRは、開業医を担当している…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP