製薬会社について

MRの接待事情

スポンサーリンク

 

今回は、

 

最近のMRの接待事情、

 

について。

 

 

 

昔に比べると、

 

接待の(実施)頻度が激減したことは、

 

周知の事実だと思いますが、

 

接待が全面禁止に

 

なったわけではありません。

 

 

 

確かにある製薬会社は、

 

現在、接待全面禁止ですが、

 

ほとんどの製薬会社では、

 

実は接待が実施可能です。

 

 

 

ただし、通常の接待の場合は、

 

一人当たり使用できる金額は、

 

5,000円(税抜き)/名までと

 

規定があります。

 

 

 

これは製薬業界共通の規定です。

 

 

もしかしたら、

 

会社によっては、

 

例外がある会社もあるかもしれませんが・・・。

 

 

 

現在、接待に使用できる金額は、

 

5,000円/名が基本ですが、

 

実は、

 

一人当たり1~2万円まで使用できる接待も

 

あります。

 

 

 

それはどのような場合かと言うと、

 

ドクターに、

 

社内講演会等で講演講師して頂いた際、

 

その後、一人当たり1~2万円までの

 

接待が可能です。

 

 

 

会社によって多少ルール(1~2万)が異なりますが、

 

実施できる接待の金額は、

 

実は、5000円の接待だけではありません。

スポンサーリンク

 

 

 

しかし、現在の製薬業界では、

 

接待をあまり実施しない流れになっており、

 

実施頻度は激減しています。

 

 

 

私の会社も

 

接待実施に関して、

 

会社からのほとんど実施するようにとは、

 

言われなくなりました・・・。

 

 

昔は接待しろ!

 

とよく言われたんですけどね・・・。

 

 

時代は変わりました。

 

 

 

数年前までは、

 

接待をしていないと、

 

仕事をしていない、

 

とみなされる風潮さえ、

 

ありました・・・。

 

 

 

だいぶ変わりましたね・・・。

 

 

 

 

まあ、そんな世の中でも、

 

定期的に接待を

 

実施しているMRさんもいますけどね。

 

 

ただし、5,000円ですけどね。

 

 

 

もしくは・・・・・・。

 

 

 

 

 

ということで、

 

現在の製薬業界では、

 

接待頻度は激減しましたが、

 

全面禁止になったわけではないので、

 

実施することもあります。

 

 

ただし、会社の方針によりますけどね・・・。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 製薬会社について

    ギリアド社の年収について  その3

    今回は、コメント頂いたこともあり、…

  2. 製薬会社について

    外資系製薬会社と英語

    今回は、外資系製薬会社と英語について。外資系というのだから、英語が必…

  3. 製薬会社について

    ギリアド社の新薬、B型肝炎治療について

    前回に引き続き、ギリアド社の新薬である、…

  4. 製薬会社について

    先発品メーカーと後発品メーカーの違い③

    では、後発品メーカーの仕事はどのような活動をするのでしょうか。主な訪…

  5. 製薬会社について

    勤務地限定の製薬会社

    今回は、勤務地限定の製薬会社について。勤務地を限定して、働くことので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP