MRの給料

外資系製薬会社とボーナス

スポンサーリンク

今回は、外資系製薬会社とボーナスについて。
先月(3月)は、外資系製薬会社にとっては、ボーナス(またはインセンティブ)が
支給された会社も多いと思います。
内資系製薬会社にとっては、通常年2回ボーナス支給(夏と冬)がありますが、
外資系製薬会社では、年3回ボーナスが支給される会社も多いです。
ただ、年俸制の外資系は年1回くらいしかボーナスは支給されないんですけどね。
以前は、年俸制の外資系製薬はあまりなかったように記憶していますが、
最近では、徐々にですが、年俸制の外資系製薬会社が増えてきたような
印象があります。
年俸制というのは、ご存知の通り、年収を1年(12カ月)で割った分を、
毎月の給料として、支給される制度のことです。
もちらんボーナス込みの年収を12カ月で割るのです。
例えば、年収600万のMRでしたら、年俸制にした場合、
12カ月で割ると、月々50万円の支給(給料)になりますね。
年俸制にした場合、ボーナス支給はあっても年1回が多いです。
年俸制ですので、もちらんボーナスがない会社もあります。
ボーナスとは他に、売上達成率が良かった場合、
インセンティブとして、別途金額支給される外資系製薬会社もありますけどね。
ということで、先月の3月は、外資系製薬会社にとって、
ボーナス支給の月でもありました。
ただ、この3月のボーナスは通常、
夏や冬のボーナスと比べると、少ないことが多いです。
なぜかと言うと、この春(3月)のボーナスは、何カ月分と決まっていることも
会社によってありますが、通常、前回の実績(数字達成率)によって、
金額が決まることが多いです。
したがって、達成率が良かったMRは多く貰えますが、
達成率が低かったMRは少ない金額支給になることが多いです。
何カ月分と決まっていないことも多いです。
要するに達成率によって、支給金額が決まるということです。(3月のボーナスに関していえばですが)
その点、春(3月)のボーナスは、夏冬のボーナスと金額支給の基準や仕組みが違うことが多いので、
注意が必要です。
まあ、外資系製薬会社の中でも様々なんですが、
通常、上記のような仕組みが多いです。
ご参考までに。
 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの給料

    MRの年収は、1,000万円?

    MRの年収について、以前、少しご紹介させて頂きましたが、今回、再び、…

  2. MRの給料

    MRのボーナスはいくら?

    冬のボーナスの季節ですね。12月に入り、各社ボーナスが支給されていると…

  3. MRの給料

    では3種類の製薬会社での給料は?

    前回は、製薬会社には3種類あることをご紹介させて頂きました。では…

  4. MRの給料

    MRの最高年収は、1,500万円か

    今回は、MRの最高年収が1,500万円か、について。一般的には、MR…

  5. MRの給料

    どの製薬会社がボーナスが多い?外資系?内資系?

    今回は、どのような製薬会社がボーナスが多いか、検討してみたいと思います…

  6. MRの給料

    製薬会社のボーナスについて

    いや~、今月12月は、ボーナス支給月です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP