MRの仕事

MRと学会

スポンサーリンク

今回は、MRと学会、について。
先月の5月には、
京都で第59回糖尿病学会が開催されていましたね。
私は参加していませんが、
友人のMR(他社MR)が今回の糖尿病学会に参加していました。
その友人は、担当先の大学病院の先生(教授クラス)が座長や演者をするので、
聴講しに行かねば、と言っていました。
支店の代表として参加させて頂くみたいです。
もちろん会社の経費での参加です。
最近は、MRの学会参加の参加がかなり厳しくなって来ました。
といっても、「社内的な条件で」、ということですけどね。
支店から1人や2人とか、そんな感じです。
ただ、会社によっては、
以前からMRの学会参加難しいケースもありますけどね。
学会参加に関しては、
特別、MRの学会参加の規制があるわけではありませんので、
学会は、参加費を払えば、だれでも参加できます。
私が思うに、MRをする上で、
できるだけ学会は参加した方が、
良いと考えています。
その理由ですが、
①学術知識(製品、疾患等)の向上に繋がる。
②最新のエビデンスを勉強できる。
③競合他社の製品データを知ることができる。
③ドクターとの会話で、とても役に立つ。
④学会で得意先のドクターの講演を聴ける(こともある)。
⑤会場で、ドクターとお話しできる(こともある)。
以上の理由により、
MRの学会参加は、非常に有意義なものであると考えられます。
私も何度か学会に参加したこともありますし、
今年も参加予定です。
会社から経費で参加させて頂いたこともありますし、
自費で参加したこともあります。
ただし、自費で参加した時は、
会場が自宅から比較的、近くだったという理由も
あったんですけどね。
ということで、
MRはできる限り学会に参加した方が良いと
考えているのですが、
最近は、参加要件が厳しくなっていきます。
残念ですね・・・。
理由は経費削減が第一にあるものと考えられます。
1人のMRが学会に参加すると、
参加費+宿泊費+交通費+etc、
費用がかかりますからね。
自費で参加すれば良いのですが、
仮に学会会場が自宅から遠く離れた場所ですと、
飛行機を使わざるを得ず、交通費だでも結構な
金額になります。
会場が近くでしたら、
すぐ行けますので、問題ないと思うんですけどね・・・。
製薬会社はもっと、
MRの学会参加に寛容になってほしいです。
学会は、MRが医師と同様の内容が学べる
貴重な機会です。
ぜひ多くのMRが積極的に学会に参加してほしいと
考えています。
 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの仕事

    MRになるには?

    そもそもMRになるには、どうすれば良いのでしょうか。MRとは、製…

  2. MRの仕事

    (MRの)面会の中身の一部を紹介します。

    今回は、私のドクターとの面会の一部について記載させて頂きます。とある日…

  3. MRの仕事

    MRと講演会

    最近は、講演会の年間実施回数も以前と比べると、各段に少なくなりました。…

  4. MRの仕事

    MRの年始の行事

    新年明けましておめでとうございます。…

  5. MRの仕事

    薬剤師との面会について

    MRの主な顧客は医師です。したがって、MRは第一に医師と面会しますが、…

  6. MRの仕事

    eプロモーション(eディテール)やMR君の限界について

    今回は、「eプロモーション(eディテー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP