MRの仕事

外資系製薬会社はハードワークか?

スポンサーリンク

今回は、「外資系製薬会社がハードワークか」について、ご紹介します。 

外資系製薬会社といってもいくつかあり、

各製薬会社ごとに当然、社風や体制、制度等は異なります。

ただ、どの外資系製薬会社にとっても、ほぼ共通していることは、

どの部署であっても、「できる限り人員削減」と「効率化」を常に図っている、

ということです。

1つの部署だけでなく、あらゆる部署で効率化を図っており、

効率化を求めるゆえ、できる限り人を減らし続けていることは、

どの外資系製薬会社でも、ほとんど共通しています。

一方、内資系製薬会社では、結構人(員)が余っている部署もあります。

外資系製薬会社はヨーロッパ本社やアメリカ本社から、

常に利益率向上のため、効率化を求めれているため、

余計な人員は確保できません。というか、人を削ってでも利益を

確保しなければなりません。

しかし、日本の製薬会社は、人にやさしいのか、非効率なのか、

社風なのか、わかりませんが、結構人員を確保する傾向にあります。

ただ、最近は、以前に比べると、だいぶ人を減らしてますけどね・・・・。

スポンサーリンク

といことで、外資系製薬会社は、人に厳しい傾向はあるかもしれません。

ただ、各社社風等が異なるため一概に言えない部分もあります。

また、外資系製薬会社の中には、労働組合が非常に強く、

社員に手厚い補助や待遇を受けられる会社もありますので、

決して人に厳しい傾向とは言えないかもしれませんが、

一般的には、外資系製薬会社は、人に厳しい傾向があるということは、

理解して頂いてもいいかもしれません。

理由は、下記の2点です。

?ヨーロッパorアメリカ本社から、利益率アップを常に求められていること。

?ヨーロッパorアメリカ本社からの突然の命令で、人員削減を実施しなければいけないこともある。

よって、外資系製薬会社で働く際は、

ある程度の覚悟は必要かもしれません。

といっても、外資系であっても、

通常はそんなに簡単には、リストラ(解雇)にはならないですよ。

おそらく・・・・。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの仕事

    MRのメリットとは?

    今回は、MRをすることのメリットについてご紹介させて頂きます。MRをす…

  2. MRの仕事

    オーファンドラッグの売り方 その1

    今回は、「オーファンドラッグの売り方」…

  3. MRの仕事

    MRとは、訪問軒数を上げれば、売上も上がるもの?

    MRは1日に何軒、施設を訪問するのでしょうか。まずMRといっても、ざっ…

  4. MRの仕事

    MRの担当製品について

    本日は、MRの担当製品についてお話させて頂きます。MRが担当する製…

  5. MRの仕事

    MRが売上を上げるためには

    今回は、MRと売上、に関して紹介します。MRが売上を上げるためには、…

  6. MRの仕事

    MRの年始の行事

    新年明けましておめでとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP