MRと転職

MRから異業種への転職先

スポンサーリンク

今回は、MRから異業種への転職先、について。
異業種からMRになる方は、かなり多くいますが、
その逆は、あまり多くないのです。
異業種 → MR     (多いです)
MR     →    異業種  (少ないです)
では、MRから異業種に転職する方々は、
どのような職種に行くのでしょうか。
これは本当いろんな先がありますね。
ざっとですが、
下記のような転職先があります。
【MRから異業種への転職先】
①生命保険の営業 (外資系生保のプルデンシャル等)
②医療機器の営業 (似たような業界ですね。)
③家業を継ぐ       (このケースも、実は結構多いんです。)
④薬局経営      (薬剤師資格の有無に関わらず。)
⑤医院の事務長  (得意先の先生に、誘われることがたまにあります。)
⑥独立起業      (これも数は多くないですが、いるんですよね~。)
他にもあるのですが、
ざっと上記のような感じです。
特にMRからの転職先として、
①と②は多いですね。
同じ営業職だからでしょうか。
MRから、転職する人の数は決して多くないのですが、
その中でも、生保と医療機器の営業へ転職されるMRさんは
それなりにいます。
生保の業界では、プルデンシャル生命に転職されるMRさんが
多い気がするのは気のせいでしょうか。
それとも私の周りだけでしょうか。
プルデンシャルに行って、
知り合いのMRさんや元同じ会社のMRさんを勧誘しまくるんですよね (笑)
そうして、私の友人のMRも、プルデンシャルの営業さんに勧誘されて
高い生命保険に入ってました・・・。
さらに、その友人MRは、プルデンシャルへの転職をその方から強く進められてましたね。
結局、友人は断ってましたが。
保険会社も多い転職先の1つですが、
医療機器メーカー転職されるMRも多いですね。
似たような業界ですし。
ただ、医療機器の営業とMRの仕事内容は似ているようで、
結構違うような気がします。
ドクターにアプローチする点は同じだと思いますが、
1)競合の数が違う
2)面会方法が違う
3)情報のアップデート差が違う
4)プロモーション方法が違う
など、ざっと考えてみただけでも上記の違う点が
思いつきました。
あと以外と多いのが、
③の「家業を継ぐ」ですね。
結構いるんです。
しばらくはMRをして、ある時期になったら、実家の地域に
戻り、家業を継ぐというMRの方。
その家業というのは様々ですね。
例えば、実家の農家だったり、スーパーだったり、布団屋だったり、
医院だったり、コンビニだったり、クリーニング店だったり・・・・・。
様々ですね。
MRとして、何年か働いて、社会経験を積み
スキルアップし、実家の家業に生かす、ということでしょうか。
それも良い選択だと思います。
一度きりの人生ですからね。
いつかは、やりたいこと、好きなことをやっても、
いいのではと考えています。
そして、⑥の「独立起業する」MRさんも少なからずいます。
独立する分野は本当に様々ですね。
私が知っているいくつかのケースをここで紹介しますと、
すぐにわかってしまう可能性もありますので、
ここでは伏せますが、その独立された方々はとても優秀な方々(元MR)
でしたね。
ということで、MRから異業種に転職される方は
少なからずいます。
転職先も様々ですね~。
偏ってない気がします。
 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRと転職

    MRと転職(2)

    MRは転職する方が多いですね。特にこの3月、4月は新年度ということも…

  2. MRと転職

    MRの就職(転職)活動

    3月といえば、転勤の季節ですが、もう1つあります。それは、就職のシー…

  3. MRと転職

    MRと転職

    今回は私の「転職経験」についてご紹介させて頂きます。私は、転職経験のあ…

  4. MRと転職

    最近のMRの転職事情

    今回は、MRの転職事情について。私は転職経験のあるMRです。最近は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP