MR就職活動

MR就職活動体験記(私の) その3

スポンサーリンク

 

前回、前々回の記事で

 

私が学生時代、

 

MRを志望した理由と

 

製薬会社の志望理由について

 

記載しました。

 

 

 

 

簡単にまとめますと、

 

 

私がMRを志望した理由は、

 

 

①医薬品という必要不可欠な製品を扱えること。

 

②(MRという)厳しい環境で成長したかったこと。

 

③(MRという仕事が)より主体性をもって仕事に取り込めること。

 

 

という上記3点により、

 

MRを志望していました。

 

 

 

 

 

「第一志望の製薬会社」を志望した理由は、

 

主力製品のクオリティが

 

高かったためです。

 

 

 

簡単に言うと、

 

こんな感じです。

 

 

 

 

 

そうした理由から、

 

私はMRを志望し、

 

第一志望の製薬会社の

 

入社試験に挑みました。

 

 

 

 

ただ、応募した製薬会社は

 

もちろん1社だけではなく、

 

何社か応募しました。

 

 

 

企業説明会では、

 

8社の製薬会社の説明会に

 

参加し、実際8社受けました。

 

 

 

 

私のMR就職活動を

 

振り返りますと、

 

私の場合、GDや一次面接は

 

比較的スムーズに通過できたのですが、

 

その後の二次面接や最終面接で

 

不合格となるケースが

 

いくつかありました。

 

 

 

いくつかというか、

 

2回ですね、

 

2社不合格でした。

 

 

 

1社目は、二次面接で不合格となり、

 

2社目は、最終面接で不合格となりました。

 

 

 

 

私はGDや一次面接といった、

 

集団面接は比較的やりやすく感じ、

 

選考通過できたケースが多かったのですが、

 

その後の二次面接や最終面接となると、

 

個人面接ということもあり、

 

また、徹底的に突っ込まれることがあり(笑)、

 

最初はやや苦手意識を持っており、

 

実際、二次面接と最終面接で

 

2社不合格となりました。

 

 

 

 

私がGDや一次面接等の

 

集団面接がやりやすいと感じた理由は、

 

集団面接が他者との

 

「差別化」がしやすかったからです。

 

 

 

 

集団面接で5人の学生がいる場合、

 

5人全員が通過することは

 

あまりなく、通常通過する

 

人数は、2人くらいです。

 

 

 

となると、

 

やはり差別化が必要になって来ます。

 

 

 

他の学生さんと同じ意見しか

 

言わず、同じ振る舞いしかできなかった

 

場合、通過する可能性は低く、

 

通過するためには、

 

他の方とは違う意見や

 

自分自身の長所等を知ってもらう

 

発言や振る舞いが必要です。

 

 

 

 

単に差別化すれば

 

良いのではなく、

 

面接官を納得させる意見や

 

納得させるだけの説明、

 

行動が必要です。

 

 

 

 

 

私はできるだけ同じ意見を言わず、

 

同じような意見を言う場合でも、

 

言い回しを変えたり、

 

追加で自分の意見を入れ、

 

面接官の反応を見つつ、

 

差別化を意識して面接に

 

挑んでいました。

 

スポンサーリンク



 

 

 

例えば、

 

当時集団面接の最中、

 

面接官から、

 

若干うろ覚えですが、

 

「MRとして、数字を獲得するために、必要なことは?」

 

というような質問があり、

 

一人一人回答を言う場面がありました。

 

 

私は当時、まずはニーズを満たすことが必要だと

 

考えており(今思うと、とてもありきたりな意見ですが・・・)、

 

ニーズの重要性について、

 

話そうと思っていた矢先、

 

私の隣の学生さんに、ほぼ同じ意見を

 

先に言われてしまい、かなり焦りました。

 

 

 

このままでは、

 

全く同じ意見をいうことに

 

なってしまう・・・。

 

 

 

自分の存在価値を理解して

 

頂けるような発言や行動を

 

しなければ、この選考を通過する

 

のは難しいだろう、

 

そう考えていました。

 

 

 

そこで、

 

私は、ニーズの重要性については、

 

すでに言及されてしまったので、

 

「ニーズ満たすことももちろん必要ですが、

 

ニーズを満たすだけでなく、

スポンサーリンク

 

その奥にある本当の願望を満たすことが重要だと

 

考えています。ニーズは~」と

 

答え、何とかその場しのぎをし

 

結果として、それがよかったかどうか

 

わかりませんが、

 

その選考は通過することができました。

 

 

 

 

できれば同じ意見は言わず、

 

オリジナリティを出し、

 

存在価値を知ってもらう

 

場面にしたいと考えていました。

 

 

 

 

ということで、

 

GDや一次面接は、集団面接が多く、

 

集団面接は私にとっては

 

他者がいるため、

 

発言が差別化しやすく、

 

やり易かったのですが、

 

二次面接や最終面接となると、

 

ごまかしは効かず(笑)、

 

徹底的に突っ込まれ、

 

上手く答えることがてきず、

 

不合格となってしまった

 

ケースがありました。

 

 

 

したがって、

 

その反省を生かし、

 

第一志望の製薬会社の最終面接では、

 

失敗から学習し、

 

事前準備と練習を重ね、

 

また2社の二次面接と最終面接の後

 

だったこともあり、

 

それが良い練習や経験となり、

 

幸運にも第一志望の製薬会社に

 

内定を頂くことができました。

 

 

 

 

 

ということで、

 

私の学生時代の

 

製薬MR職の就職活動結果は

 

以下の通りです。

 

 

 

全8社受け、

 

1社内定、

 

2社不合格、

 

5社選考途中で辞退

 

という状況でした。

 

 

 

以下、まとめます。

 

 

 

1社目:二次面接で不合格(2月下旬)

 

2社目:最終面接で不合格(3月上旬)

 

3社目:内定(3月中旬)

 

4社目:選考辞退(最終面接日程調整中)

 

5~8社目:すべて途中で選考辞退

 

 

 

 

内定:1社

不合格:2社

選考途中辞退:5社

 

 

という結果でした。

 

 

 

3月中旬に内定が出ていなければ、

 

その後も確実に

 

就職活動を続けていたでしょう。

 

 

 

 

そうして、

 

私は第一志望の

 

内資系製薬会社のMRとして、

 

翌年の4月から勤務することとなりました。

 

 

 

 

 

 

最後に、

 

当時の面接中に、

 

よく聞かれた質問を

 

3つピックアップします。

 

 

 

 

①なぜMR?他の職種でも良いのでは?MRでなければならない理由を教えてくれ。

 

 

②なぜ当社?他社でも良いのでは?当社の何が良い?なぜ当社で働きたい具体的な理由は?

 

 

③学生時代力を入れたことは?それによって、何を得た?MRの仕事で役立つ?

 

 

 

 

当時の私の回答を

 

簡単に記載します。

 

 

 

①なぜMR?他の職種でも良いのでは?MRでなければならない理由を教えてくれ。

 

→MRは医薬品を扱う営業職です。医薬品は必要不可欠な製品であり、人間が生きていく上で決して欠かせないものです。

そんな必要不可欠な製品を扱う営業職を経験し、厳しい環境を乗り越え、日々成長したいと考えております。また主体的に仕事ができる点もMRの魅力だと感じております。

 

 

 

②なぜ当社?他社でも良いのでは?当社の何が良い?なぜ当社で働きたい具体的な理由は?

 

→御社が○○(製品名)を扱っているからです。○○は今後、世界中で使用され、多くの患者様の治療に貢献できる新薬であると考えております。○○は御社しかありません。

 

 

 

③学生時代力を入れたことは?それによって、何を得た?MRの仕事で役立つ?

 

→△△のアルバイトです。私は学生時代△△のアルバイトを2年間しておりました。そのアルバイトを通して、仕事は、事前準備と段取りが重要であることを学びました。具体的なエピソードは~です。このアルバイトの経験は~(以下省略)

 

 

 

 

この3つの質問は、

 

聞かれ方は異なっても

 

大体同じ意図の質問です。

 

 

 

本気でMRを志望しているか?

 

本気で第一志望(の製薬会社)か?

 

といった本気度や熱意を試す質問です。

 

 

 

また、学生時代に力を入れたことは?

 

もよく聞かれますので、

 

MRをする上で、

 

役に立ちそうなエピソードや

 

能力を上手くアピールできると

 

いいですね。

 

 

 

以上、私の就職活動を久しぶりに

 

振り返ってみました。

 

 

 

古い情報もあると思いますので、

 

ご参考までに。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MR就職活動

    MR就職活動体験記(私の) その2

    前回の記事に引き続き、私の学生時代のM…

  2. MR就職活動

    就留でMR職を志望することは、現実的かどうかについて

    今回は、「就留でMR志望は現実的かどうか」につ…

  3. MR就職活動

    MR就職活動体験記(私の) その1

    今回は、私が学生だった頃の、&nb…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP