MRの仕事

MRは楽?それとも激務?

スポンサーリンク

MRという職業は、
だいたい2つのタイプに分かれます。
MRは楽だ!と思うタイプと、
MRは激務!と思うタイプの2つです。
MR楽派は、

 

「MRは楽だ!こんな楽な仕事は他にない!」とよく言います。

 

 

 

一方、
MR激務派は、「いや~、MRって激務だわ~。この仕事ホント大変・・・。」とよく言います。
私はというと、

 

MRは大変な時もあるが、

 

楽な時もあると思うタイプです。
 

結局どちらなのかと言われると、

 

他の業界に比べたら、
もしかしたら比較的楽なのかもしれない、

 

と私は思っています。
 

と思うのは、

 

他の業界からMRになった方が、
MRは楽だ、といっているのを何回も聞いたことがありますし、
他の業界の話を聞くと、

 

本当に大変そうだと思うからです。
私は、MRの仕事が、

 

楽か激務かを決める要素は、
「上司」であると考えています。
 

 

正確に言うと、「上司」による部分が、
8割であると考えています。

スポンサーリンク



上司が、

 

数字の追及や普段の言行に非常に厳しかったり、
とんでもなく理不尽である場合は、

 

日々大変だと感じられます。

 

 

一方、
穏やかな方で理解のある上司ですと、
比較的ですが楽と感じられる仕事だと

 

私は考えています。

 

 

 

どの仕事もそうかもしれないですけどね・・・。

スポンサーリンク

 

上司があまりにも厳しかったり、

 

とんでもなく理不尽だったりする場合は、
その営業所の離職率は、

 

格段に高くなります。
 

 

辞めるMRが続出します。

 

これは結構よくあることです。
その理由は、

 

上司の理不尽な対応による部分がほとんどです。
どんでもない上司の元で、
長く働きたいと思うMRはほとんどいないでしょう。
他社に転職をするMRさんや他業界に行くMRさんを見てますと、
上司や会社から理不尽な要求や対応をされ続け、

 

その結果、その会社やMR業界が嫌になり、

 

他に転職してしまうMRさんが多いです。
例えば、毎日20軒訪問しろ!、という上司がいたとします。
毎日20軒はかなり大変です。

 

 

20軒訪問できなければ怒鳴られることが
ありますし、上司同行時、20軒訪問しろと言われた中で、
10軒しか訪問できなかった場合、怒鳴られたりします。
あまりに厳しいハードルを上げ続ける上司は、
要注意です。

 

ある程度の厳しさは必要かもしれませんが、
行き過ぎた厳しさは、MRを壊すだけです。
 

 

 

 

 

ということで、結論です。
「MRという仕事が、

 

楽か激務かを決める要素は、

 

主に上司である。」ということです。
いい上司に巡り合いたいですね。
しかし、こればかりは運次第です・・・。
上司は選べないですからね・・・。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの仕事

    外資系製薬MRは結果(数字)さえ残せばいいのか?

    今回は、外資系製薬MRは結果(数字)さえ残せばいいのか、について紹介し…

  2. MRの仕事

    MRの日常 【パターン1】

    MRの1日を以下に、記します。【パターン1】7:30~10:00&…

  3. MRの仕事

    MRとMR認定試験(資格)

    今回は、MR認定資格制度について意見を述べたいと思います。毎年、12…

  4. MRの仕事

    MRと説明会

    今回は、MRと製品説明会について、…

  5. MRの仕事

    MRのデメリットとは?

    今回はMRのデメリットについてご紹介させて頂きます。MRをする上で一番…

  6. MRの仕事

    薬剤師と面会する意義は?

    MRは、医薬情報担当者のことですから、当然、医薬品情報を薬剤師に提供す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP