MRの仕事

MRの担当製品について

スポンサーリンク

本日は、MRの担当製品についてお話させて頂きます。

MRが担当する製品は各社様々ですが、
その様々な製品の中でも、?売りやすい製品、?売りにくい製品、?その中間に位置する製品の3つに分類されます。

どういうことかと申しますと、
まず?の売りやすい製品ですが、これは厚生労働省(国)の治療ガイドラインの第一選択薬になっている製品やある疾患に対してほとんど一つしか治療薬がない場合のことを意味します。そうしますと、必然的に使用せざるを得なくなり、ほとんど勝手に使用される(=売れる)ことが多いです。

スポンサーリンク

次に?に関してですが、
売りにくい製品があります。これは、明らかに他製品に製品特性上劣っている場合や、すでにその製品が活躍する時代が過ぎ、現場であまり使用されていないのにもかかわらず、プロモーションする必要がある製品のことです。これらの製品をとても売りにくいのにもかかわらず、売らなければならず、MRとしてはきつい仕事になります。

そして、?に関してですが、
これは、MRの努力や工夫によって売れる製品です。
この製品を担当することができるMRは、MR冥利の一言に尽きると思います。
なぜなら、製品特性に関わらず、MR次第で売れるのですから、
MRとして非常にやりがいがあるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRの仕事

    MRと講演会

    最近は、講演会の年間実施回数も以前と比べると、各段に少なくなりました。…

  2. MRの仕事

    薬剤師と面会する意義は?

    MRは、医薬情報担当者のことですから、当然、医薬品情報を薬剤師に提供す…

  3. MRの仕事

    (MRの)面会の中身の一部を紹介します。

    今回は、私のドクターとの面会の一部について記載させて頂きます。とある日…

  4. MRの仕事

    MRはどんな人が多い?

    MRはどんな人が多いのでしょうか。営業職ということもあり、比較的コミュ…

  5. MRの仕事

    最近のMRに求められること

    今回は、最近のMRに求められること、&…

  6. MRの仕事

    MRの日常について

    こんにちは。私は、某製薬会社にてMRをしているヒロと申します。大学…

コメント

    • s
    • 2015年 12月 06日

    勉強になります

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP