製薬会社について

現金問屋の存在、知ってますか?ギリアド社ハーボニー偽造品について、思うこと。

スポンサーリンク

 

いや~、

 

ギリアド社のハーボニーの

 

偽造品が出回っていることが

 

話題になっていますね。

 

 

 

ここで、現金問屋の存在も話題に

 

なっています。

 

 

 

皆さん、「現金問屋」の存在は

 

ご存じですか?

 

 

 

MRさんやMSさんのほとんどの方は、

 

現金問屋の存在を、

 

ご存知でしょう。

 

 

 

現金問屋の存在を知らない、

 

というMRさんやMSさんは

 

おそらくほとんどいないと思います・・・。

 

 

 

 

なぜなら、

 

現金問屋の存在は、

 

MRさんやMSさん個々の売上に

 

ダイレクトに関わります

 

からね・・・。

 

 

 

超ダイレクトに関わります。

 

 

 

現金問屋が入ると売上飛び

 

ますからね・・・。

 

 

売上が飛んで、

 

MR、MS個々の売上が、

 

「0」になります・・・。

 

 

 

私はかつて、

 

この「現金問屋」の存在に非常に

 

頭を悩ましていました。

 

 

 

かつて私が担当していた

 

A病院とBクリニックが、

 

一部の医薬品を現金問屋を介して、

 

購入していました。

 

 

 

 

 

現金問屋を介して、

 

購入したい医薬品の売上は、

 

たいていMRやMS個々の売上にはならず、

 

「0」になります・・・。

 

 

 

例えば、Aという医薬品を、

 

現金問屋を介して、

 

B病院が購入したとします。

 

 

そのA医薬品の売上は、

 

MRや卸さんの個々の売上には、

 

B病院の売上として、

 

一切反映されないのです。

 

 

 

かつて、

 

私が担当していたA病院で、

 

とある自社医薬品が、

 

3000錠/月で回転していたのですが、

 

そのA病院は、

 

現金問屋からその医薬品を購入したため、

 

私のそのA病院での自社医薬品の売上は、

 

ずっと「0」でした・・・。

 

 

 

毎月3000錠で回転しているのに、

 

売上「0」です・・・。

 

 

 

数カ月「0」ならともかく、

 

1年や2年そのA病院での自社医薬品の売上が、

 

使われている実績があるのに、

 

毎月3000錠も出ているのに、

 

その医薬品の売上「0」、

 

というのは泣きたくなりますよ。

 

 

 

現金問屋の存在をそのころから、

 

恨んでいました(笑)

 

 

売上飛ばしやがって~!!

 

とよく思っていましたね。

 

 

 

ということで、

 

現金問屋の存在を簡単説明しますと、

 

薬局や病院等の医療機関が、

 

通常の卸ルートとは異なるルートから、

 

通常よりも安く医薬品を購入する

 

ことがあります。

 

 

 

その際、

 

通常とは異なる、

 

医薬品を安く購入できるルートこそが、

 

「現金問屋」なのです。

 

 

 

では、なぜ現金問屋は、

 

安く医薬品を販売することが

 

できるのでしょうか。

 

 

それには理由があります。

 

スポンサーリンク



 

 

それは、

 

医薬品を仕入れている、

 

購入ルート

 

秘密があります。

 

 

 

そもそも医薬品を安く仕入れている

 

からこそ、

 

安く薬局や病院に販売できるわけで、

 

通常の価格で購入していたら、

スポンサーリンク

 

薬局や病院に安く販売はできません。

 

 

通常の卸とは、

 

価格で差別化できませんからね。

 

 

 

そこで、

 

現金問屋の購入ルートとは、

 

これがグレーゾーンかもしれませんね、

 

病院や薬局等で余った医薬品を

 

安い価格で引き取ったり、

 

その他の場所からも同様に、

 

安い価格で不良在庫の医薬品を

 

買い取ったりしているのです。

 

 

 

安く買い取った医薬品は

 

当然、安く販売できますよね。

 

 

これが現金問屋の医薬品が

 

価格が安い理由です。

 

 

 

現金問屋の特徴としては、

 

 

①医薬品の価格が通常(卸)よりも安い。

 

②大量に購入で安くすることが多い。

 

 

ことが挙げられます。

 

 

 

通常とは異なるルートから、

 

医薬品を安く大量に購入するのは、

 

違法じゃないの?

 

と思うかもしれませんが、

 

違法ではありません。

 

 

 

なぜなら、

 

現金問屋が医薬品卸売販売業の許可を取得して

 

いれば、問題なく医薬品を仕入れ、

 

薬局や病院等の医療機関等に

 

販売することが可能なのです。

 

 

 

現金問屋は、

 

かなり安く価格を出してくる

 

こともあり、

 

私はかつて現金問屋に

 

自社医薬品が飛ばないために、

 

現金問屋との熾烈な価格競争を

 

していた経験があります(笑)

 

 

 

といっても、

 

実際に価格交渉をするのは、

 

卸さんですけどね。

 

 

 

卸さんに、

 

現金問屋に勝つために、

 

「○○まで価格だしてください」とか、

 

「△△にて、様子を見てもらえませんか?」とか、

 

言って、

 

現金問屋の様子を

 

伺ったりしていました。

 

 

 

現金問屋との価格勝負は、

 

一発勝負のことが多かったですね。

 

 

 

そういえば、現金問屋から売上を

 

取り戻したこともありましたよ。

 

 

 

価格を安く出して(笑)

 

 

 

現金問屋の具体的ないくつかの

 

名前をここで出したいところですが、

 

ここで具体的な名前を出すと、

 

色々問題がありそうなので

 

控えることにします。

 

 

 

今回の偽造品の問題は、

 

もしかしたら、現金問屋からの

 

購入を薬局がしていなければ、

 

防げた問題かもしれません。

 

 

 

結果論ですが、

 

「安いのにはわけあり」、

 

という結果に終わっています。

 

 

 

現金問屋の医薬品を仕入れる、

 

購入ルートは、

 

本当にグレーゾーンが多いです。

 

 

 

「安いから」、といって、

 

生命維持に関わる医薬品を、

 

よくわからないルートで仕入れられた

 

医薬品を購入するのは、

 

絶対におすすめできません。

 

 

 

流通元が怪しい医薬品は、

 

誰しも服用したくないですよね?

 

 

誰だって、

 

正規の流通ルートからの医薬品を

 

服用したいはずです。

 

 

 

医薬品は人の命を左右する、

 

生命維持製品です。

 

 

 

今後、この現金問屋の存在が

 

明るみに出て、

 

正規ルートからの購入が

 

増えることを期待しています。

 

 

 

 

 

現金問屋で売上を飛ばされた

 

MRとしても(笑)

 

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 製薬会社について

    ファイザー社について

    今回は、ファイザー社について。私がファイザー社について知っていること…

  2. 製薬会社について

    おすすめの製薬会社 【前編】

    今回は、おすすめの製薬会社、について。MRとしては働く上で、おすすめ…

  3. 製薬会社について

    外資系製薬会社のメリット

    今回は、外資系製薬会社のメリット、について。外資系製薬会社で働くのメ…

  4. 製薬会社について

    優秀なMRが多い製薬会社について  その2

    前回の記事にて、コメント(ご質問)頂きましたので、その回答をさせて…

  5. 製薬会社について

    製薬会社の福利厚生

    今回は、製薬会社の福利厚生について。製薬会社の福利厚生は、他業種と比…

  6. 製薬会社について

    製薬会社の将来性

    今回は、製薬会社の将来性について。今後、製薬会社(先発品メーカー)は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP