製薬会社について

外資系製薬会社と英語

スポンサーリンク

今回は、外資系製薬会社と英語について。
外資系というのだから、英語が必要な気がしますが、
実際、どうなのでしょうか。
ここでは、外資系製薬会社に限定して話をします。
他の業種の外資系は除きます。
結論から言います。
「英語は必須ではないが、できた方が良い。なぜなら、
昇進や昇給する上で有利に働くことが多く、ステップアップを狙うのであれば、
英語は欠かせない。」
これが結論です。
外資系製薬会社では、英語が出来るかどうかは、1つの判断基準にされることが多いです。
したがって、昇進や本社勤務、ステップアップ、キャリアアップを狙うので
あれば、英語は勉強した方がいいでしょう。その方が確実に有利に働きます。
普段のMR業務の中で、英語を使う機会なんて、
どの外資系製薬会社でもほとんどないんですけどね・・・。
マネジャー職以上になれば、話は別ですよ。
営業所長以上になると、
英語が必要になるケースも出てきます。(または本社勤務の場合も必要になります。)
では、ここで言う英語ができるとは、
何をもって判断されるのでしょうか。
まずは、TOIECの点数ですね。
客観的な指標になる、ということでこの点数で判断されるケースが多いです。
個人的には、TOIECでどこまで英語力を判断できるか、
不明な部分もありますが・・・。
そして、次の判断材料として、英語での会話ができるかどうか、です。
これが一番重要かもしれません。
グローバルでのミーティングの際は、英語での意見交換が必須に
なってきますので、英語でのやり取りができないと話になりません。
したがって、TOIECの点数がそこまで良くなかったとしても、
日常やビジネス会話で支障のないくらいの英語レベルでしたら、
英語ができると認めてもらえるかもしれませんね。
といことで、
外資系製薬会社で働き続けるなら、
英語はできた方が良いです。
いつか有利に働く機会が出てきます。
その時のために、日々少しづつ勉強しておきましょう。
他社MRさんの中でも、先生を待っている時(医局前等で)、
英単語集やTOIECのテキストを見ているMRさんも結構いますからね~。
 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 製薬会社について

    ギリアド社の新薬、B型肝炎治療について

    前回に引き続き、ギリアド社の新薬である、…

  2. 製薬会社について

    外資系製薬会社のメリット

    今回は、外資系製薬会社のメリット、について。外資系製薬会社で働くのメ…

  3. 製薬会社について

    中堅外資系製薬会社について

    今回は、中堅外資系製薬会社について、…

  4. 製薬会社について

    おすすめの製薬会社 【前編】

    今回は、おすすめの製薬会社、について。MRとしては働く上で、おすすめ…

  5. 製薬会社について

    先発品メーカーと後発品メーカーの違い①

    先発品メーカーと後発品メーカーの仕事内容は、どのように違うのでしょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP