MRと転職

MRからの転職で、医療機器メーカーへ転職される方も多いです。

スポンサーリンク

 

今回は、

 

MRから医療機器営業に転職する人々

 

についてご紹介します。

 

 

 

 

MRからの転職先として、

 

医療機器メーカーに転職される方も

 

結構いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

製薬業界と医療機器業界は、

 

医療に関わる製品の販売促進をする、

 

という観点では、

 

似たような業界ですので、

 

MRから医療機器メーカーへ

 

転職される場合、

 

そこまで抵抗や違和感が

 

ないのかもしれません。

 

 

 

また、

 

その逆の方も結構います。

 

 

 

 

医療機器営業からMRになった方も

 

結構いますし、

 

何度かMRと医療機器業界を

 

行き来している方も

 

たまにいますね。

 

 

 

 

 

MR⇔医療機器営業ですね。

 

 

 

 

医療機器メーカー経験のあるMRさんに

 

お話しを伺ってみますと、

 

色んな意見があります。

 

 

 

 

「MRの方が楽で楽しい。」

 

「医療機器の方がやりがいがある。」

 

「医療機器の方が楽だ。」

 

「MRの方が給料が良い。」

 

「医療機器の方が大変。」

 

etc・・・・。

 

 

 

 

 

色んな意見があり、

 

どちらが良いとは一概には

 

言えないと思いますが、

 

人によって、

 

製薬業界が合う人と、

 

医療機器業界が合う人が

 

いる印象を持っています。

 

 

 

 

MRと医療機器営業の仕事内容は、

 

同じ営業職であっても、

 

仕事のスタイルは、

 

かなり違うと感じています。

 

 

 

 

まず通常の面会では、

 

医療機器メーカーさんの方が、

 

効率よくドクターにアポイント等で

 

お会いし、ディティールしている

 

印象を持っています。

 

 

 

 

 

ほとんど医局前等で出待ちをしたり、

 

していないですね。

 

 

 

効率よく素早くドクターに会い、

 

仕事を終え、次に病院に移る、

 

そんなイメージです。

 

 

 

また、ここが決定的に

 

MRと違う点ですが、

 

MRにはほとんどない、

 

医療機器メーカーさんの

 

仕事の特徴として、

 

「立ち合い」という仕事が

 

良く知られています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

「立ち合い」とは、

 

オペ等に医療機器メーカーの

 

営業担当者がその場に立ち合い、

 

自社医療機器の

 

使用方法の説明やサポート

 

をする仕事です。

 

 

 

 

 

 

オペはあらかじめ予定が決まって

 

いるオペもありますが、

 

緊急オペするケースもあり、

 

扱う医療機器によって、

 

緊急の度合は異なるそうです。

 

 

 

急遽オペする場合は、

 

もちろん営業担当者も至急、

 

病院等に伺います。

 

 

至急駆けつけなければ

スポンサーリンク

 

いけません。

 

 

 

 

扱う医療機器によっては、

 

かなり頻繁に病院に

 

至急で呼ばれるみたいです。

 

 

 

一度「立ち合い」をすると、

 

長い時は、

 

数時間オペ室に同行している

 

そうです。

 

 

短い時は、数分だそうです。

 

 

 

この「立ち合い」に非常に

 

やりがいを感じる方もいれば、

 

「立ち合い」があまり好きでは

 

ない方もそれなりにいらっしゃると

 

聞いています。

 

 

 

やりがいを感じる方は、

 

「立ち合い」を通し、

 

ドクターやスタッフさんと

 

協力し合い、より近い部分で

 

患者さんや医療に貢献できる

 

といったご意見がありました。

 

 

 

 

 

 

 

「立ち合い」という仕事が

 

医療機器営業という仕事が

 

合うかどうかの

 

判断基準の1つにも

 

なりそうですね。

 

 

 

 

ということで、

 

医療機器営業の特徴をまとめると、

 

 

①ドクターとは基本アポイント面会

 

②「立ち合い」業務があり

 

③急な呼び出しもある

 

 

 

簡単に説明すると、

 

以上の3点ではないでしょうか。

 

 

 

 

給料に関しては、

 

医療機器営業の方は、

 

本当にピンキリであると

 

感じています。

 

 

 

 

MRには、

 

元医療機器営業だった方が

 

結構いらっしゃるのですが、

 

給料面に関してお伺いすると、

 

結構高給だった方もいれば、

 

MRになって大幅に上がった方も

 

おり、所属していた会社や

 

実績にも左右されそうです。

 

 

 

中には、

 

MRを超えるくらい高給な

 

方もいらっしゃると聞いています。

 

 

 

ただし、会社によっては、

 

かなり低い会社もあるらしいです。

 

 

 

MRも会社によって、

 

かなり異なりますからね。

 

 

 

最後に、MRから医療機器営業に

 

転職していった数名の方々に

 

転職理由を聞いたことがあるのですが、

 

その転職理由を記載します。

 

 

 

 

 

【MRから医療機器への転職理由】

 

 

 

「MRに魅力を感じなくなった。」

 

「勤務地希望を叶えたかった。」

 

「(医療機器に転職して)給料上がったから。」

 

「製薬業界に愛想が尽きた(笑)」

 

「医療機器の方が安定していると思ったから。」

 

 

 

 

様々な転職理由がありますね。

 

 

どうしてもMRや製薬業界は合わないと

 

感じるようでしたら、医療機器業界に

 

転職するのも1つの手段かもしれないですね。

 

 

 

私はMRや製薬業界が好きなので、

 

医療機器業界等に転職する予定は

 

ありませんが・・・。

 

 

 

出来る限りMRや製薬業界で

 

働き続けたいと考えています。

 

 

 

ご参考までに。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. MRと転職

    MRと転職(2)

    MRは転職する方が多いですね。特にこの3月、4月は新年度ということも…

  2. MRと転職

    MRの就職(転職)活動

    3月といえば、転勤の季節ですが、もう1つあります。それは、就職のシー…

  3. MRと転職

    MRから異業種への転職先

    今回は、MRから異業種への転職先、について。異業種からMRになる方は…

  4. MRと転職

    最近のMRの転職事情

    今回は、MRの転職事情について。私は転職経験のあるMRです。最近は…

  5. MRと転職

    MRと転職

    今回は私の「転職経験」についてご紹介させて頂きます。私は、転職経験のあ…

コメント

    • 某内資系MR
    • 2017年 4月 15日

    機器のセールスとMRって、何となく雰囲気で分かりますよね。
    決して悪くいうワケじゃないけど、機器の方が折衝や価格等で強硬策をすることも多いし、『切った張った』みたいな感が強い感じがします。
    向こうは完全に成績は100か0の世界でしょうし。
    だから、きっと機器と医薬は合う合わないがあるんだろうな~って気がします。

  1. 某内資系MRさん
    いつもコメント有難うございます。
    医療機器の方は、雰囲気ですぐわかりますよね。
    病院で出会うと、いかにも医療機器営業の方という雰囲気が漂っています。
    医療機器は高額な製品が多く、もちろんそうでない製品もありますが、「切った張った」の状況もそれなりにあるというお話しを伺ったことがあります。そのような仕事がしたい方や、向いている方には、医療機器業界が向いているのかもしれませんね。
    それも合う合わないに繋がるのかもしれません。
    ヒロ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP